節分なので、まめのはなし…。

節分には、豆まきが欠かせませんよね。

でも、今年は恵方巻ブームかな?

そんなことは気にせず、ちょっとお豆(大豆)の話。

大豆には、いま注目の成分がたくさん含まれています。
タンパク質(ペプチド)…血中コレステロール低下作用、血圧上昇抑制、抗酸化作用、肥満防止
レシチン…善玉コレステロールの増加、記憶力・集中力の増加
サポニン…抗酸化作用、抗がん作用
イソフラボン…骨粗鬆症の緩和、更年期障害の緩和、抗がん作用
カルシウム…骨粗鬆症の緩和

ペプチドとレシチンとサポニンは、コレステロールを調整して肥満などの生活習慣病を予防、緩和します。
イソフラボンとカルシウムは、骨粗鬆症の予防、緩和します。

現代病ともいわれる生活習慣病や骨粗鬆症は、腰痛の天敵ですので要注意ですよ。
歳の数だけといわずに、大豆を毎日適度に食べて予防しましょうね。
これもりっぱなセルフケアですぞ!

ちなみに、私はビール好きなので枝豆(大豆の未熟豆)で摂取しています。

えっ、ビールが生活習慣病のもとだって?

聞か猿、聞かざる、聞かザル…(笑)

[PR]