104年前の今日…。

104年前の今日(1902年・明治35年)、北海道の旭川地方気象台で
-41.0 ℃』という記録的な寒さになったそうだ。
この日が観測史上、日本最低気温の日となっている。

寒い、寒いと言われる今年の冬だが、こう昔のことを考えるとやっぱり温暖化現象で地球全体が暖かくなっているのかなぁ。
それによって、人間の身体も適応力が落ちてきていると感じているのは、私だけだろうか…。

昔の人は、病院もあまりなければ薬もない状態だったのに…。
やっぱり、自己治癒力が高かったんだろうなぁ…。

ちなみに、この日本最低気温の日に便乗(?)して、寒い日には特に中華まんがおいしいし、食べるとあたたまるってことで『中華まんの日』にもなっているらしい。
っということで、帰りにミニストップに寄って、初チャレンジの“XO醤海鮮フカヒレまん”でからだをあたためようなぁ…。

[PR]