出初式…?

今朝、花小金井駅南口の前に消防車がたくさん停まっていた。

『もしや、火事か!』

っと思ったら、消防団らしき人がのんびりと “ 出初式 ” の立て看板を立てていた。

『出初式?』

これは、“ でぞめしき ” と言い、「出初」を行い気勢(きせい)をあげる意味があるそうです。
小平市でも、消防団が年頭にそろって行う伝統的な行事となっていて、それが今日行われ、消防操法、一斉放水など、日ごろの訓練ぶりを披露され、また東京消防庁音楽隊のパレード演奏もあったそうですよ。

『予約が入ってなければ見に行ったのに…。』

お客さんに消防士の方がいらっしゃるのですが、本当によく身体を鍛えている。
しかも、筋肉が非常に柔らかくて柔軟性のあるいい筋肉をしている人が多い。
きっと、消防団の人たちもいい身体を作って出初式を披露していたんだろうなぁ…。

ちなみに、大分市では8日の午後に消防団の詰め所から出火して、木造2階建ての2階部分を全焼した火事があったそうなのだが…。
なんでも、当日の午前に大分市消防局の出初め式が開催され、その式に出席した分団員12人が、石油ストーブを焚いた詰め所でガスコンロを使って焼き肉を食べた後、片付け中に出火したという、オチ!(詳しくは、Excite ニュース で!)
なんとも情けないというか、なんというか…。
違う奇声(きせい)があがったのでは…。

こういう不注意な火事にも気をつけましょうね!

[PR]