知らなかった、七五三…。

今日、朝から『七五三』だからという言葉を何度も耳にしました。

えっ、七五三ってこの時期の土曜日・日曜日にやる行事じゃないの?

と思っていた。
でも、今日11月15日が本当の七五三の日なのだそうだ。
しかも、江戸時代からのもので、徳川綱吉の子供、徳松の祝いがこの日に行われたことからと言われているらしい。

知らなかった…。

やっぱり、子供を持ってみないと、なかなか気にならないんですよね。

ちなみに、七五三の行事は子供の成長を感謝し、幼児から少年少女に成長し、節目正しく幸福に育つように祈るという意味である。

・3歳は、男・女の子で、 “ 髪直 ” と言われ、3歳は髪を伸ばす。
・5歳は、男の子で、 “ 袴着 ” と言われ、5歳は初めて袴をつける。
・7歳は、女の子で、 “ 帯解 ” と言われ、7歳は本仕立ての着物と丸帯という大人の装いをする。

という意味合いがあるそうですよ。

っと、再来年の子供の七五三のために、ちょっと勉強してみました。

『えっ、気が早いって!』

いいんですよ。
“ 親バカ ” なんですから!!

そして、七五三に便乗して、今日はこんな日でもあるそうです。

『かまぼこの日』
平安時代の古文書に、七五三の祝宴の膳にかまぼこが出されたということから、かまぼこ業者が制定。

『きものの日』
11月15日としたのは七五三で和服を着る機会が増えることから、全日本きもの振興会が制定。

『昆布の日』
子供達が昆布を食べて丈夫に育つようにと、七五三の日を昆布の日として、日本昆布協会が制定。

これって、業者の戦略なのでは…。
なら、来週の勤労感謝の日(11/23)は、『整体の日』なんてどうですかね?

[PR]